[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [98] 商品中 [1-21] 商品を表示しています 次のページへ

ポピーとマリーゴールド、かすみ草のレースカーテン

1,500円(内税)

ポピーとマリーゴールド、かすみ草の花束がノスタルジックなレースカーテン。幅約1.9M。


紺の格子模様のカーテン

1,500円(内税)

クレヨンタッチの紺色のギンガムチェックに、波模様のコットンレースがさわやかなカーテン。幅1.4M。


スカラップのブレードつき紺色の幾何学模様のカーテン

1,500円(内税)

まるで織りのような紺色の幾何学模様とスカラップのブレードが手作り感あふれる、ナイロンカーテン。幅約1.3M。



グリーンのグラデーション柄カーテン

1,500円(内税)

深緑、グリーンに若草色とパステルグリーン。太いラインのグラデーションが見事なカーテン。


パステルブルーのラズベリーとお花柄カーテン

1,600円(内税)

白地にパステルブルーのラズベリーとお花がまるで磁器のような、コットンレースつきカーテン。幅約1M。


ポインセチアとヤドリギのリース柄カーテン

1,800円(内税)

まるで手織りのような格子柄に、ポインセチアとヤドリギのリースが連なるナイロン素材のカーテン。幅1.5M。



リンゴとオレンジ、さくらんぼとチェック柄のカーテン

1,800円(内税)

オレンジのチェックに、リンゴとオレンジ、さくらんぼがみずみずしいカーテン。


黄色いカエデとエルダーフラワー柄ひらひらカーテン

1,800円(内税)

ターメリックに、黄色いカエデやエルダーフラワーのお花が風に吹かれて舞うひらひらカーテン。1.1Mカット。


ネコのチロリアンテープつきカーテン

1,800円(内税)

黄色と白いネコのチロリアンテープが遊び心あふれるロングクロス。



スカイブルーのお花と斜め格子のカーテン

2,000円(内税)

マットな赤に鮮やかなスカイブルーの斜め格子、裾にはお花の縁模様がレトロでポップなカーテン。


ふたつの民俗衣装とフォークロアの花模様のひらひらカーテン

2,000円(内税)

レッドとブルー、ふたつの衣装とフォークロア調花模様が美しい、ひらひらカーテン。


オレンジと茶色、グレーと黄色の組紐模様のカーテン

2,000円(内税)

オレンジと茶色、グレーと黄色の組紐模様がレトロでおしゃれなカーテン。



ピンクのお花と斜め格子柄カーテン

2,000円(内税)

若草色にピンクの斜め格子とドット、裾にクローバーのようなお花が添えられたカーテン。幅約2.2M。


オレンジと山吹色のお花柄カーテン

2,000円(内税)

オレンジや山吹色のお花がひらりと空に舞うカーテン。コットンのフリンジつき。幅1Mカット。


野ばらとダリアのカーテン

2,000円(内税)

こげ茶色にオレンジの野ばらとターメリックのダリアが花ひらくカーテン。



月と太陽、お魚とアヒル、ヒマワリのカーテン

2,000円(内税)

月と太陽、星、お魚とアヒル、ヒマワリ、ちょうちょの夏色がさわやかなカーテン。1.4Mカット。


四葉のクローバーのカーテン

2,000円(内税)

黄緑に白い四葉のクローバーがさわやかで、幸運を運びそうなカーテン。幅約1.5M。


お花とブドウ、星と縄の文様のパッチワーク風カーテン

2,300円(内税)

茶色やオレンジ、山吹色のモザイクの中に、お花とブドウ、星と縄の文様がパッチワーク風につなぎ合わせたカーテンです。



テディベアとおもちゃのひらひらカーテン

2,300円(内税)

カラフルな服のテディベアがなかよくおもちゃで遊んでいる、赤いパイピングのひらひらカーテン。103cmカット。


ブルーのユリの花柄カーテン

2,300円(内税)

白地にブルーの大きなユリの花がいっぱいに花を咲かせた、華やかなカーテン。


茶色い星のクロスステッチ調カーテン

2,300円(内税)

フォークロアの香りが漂う、茶色い星のクロスステッチ調カーテンは。1.2Mカット。


全 [98] 商品中 [1-21] 商品を表示しています 次のページへ

Your recent history

Members only page

ログイン

About the owner

谷崎 聖子

手芸研究家。

ルーマニア、トランシルヴァニア地方の フォークロアに惹かれて、 99年以降ずっと通いつづける。

トランシルヴァニアのセーケイ地方で結婚、 08年からこの地で生活をしています。

トランシルヴァニアのさまざまな民族の手芸を、 「ICIRI・PICIRIの小さな窓」で紹介しています。

トランシルヴァニアの生活、文化は、 「トランシルヴァニアへの扉」でご覧いただけます。

Blog