[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [61] 商品中 [1-21] 商品を表示しています 次のページへ

ロイヤルブルーのぶどうの葉っぱのミニカーテン

1,000円(内税)

ロイヤルブルーと藍色のブドウの葉っぱが透明感あふれる、ミニカーテン。1Ⅿカット。


オレンジとキャラメル色のお花のミニカーテン

1,000円(内税)

丸いボンボンと、オレンジとキャラメル色のポップなお花が愛らしいミニカーテン。幅60cm。


チューリップとスズラン、スイセン、菊の花束のミニカーテン

1,000円(内税)

陽だまりのようなパステルイエローのチューリップやスズラン、スイセンや菊の花束がならんだミニカーテン。



赤とピンクの湯たんぽ柄ミニカーテン

1,200円(内税)

赤とピンクの湯たんぽのような柄に、ドットが組み合わせたポップなミニカーテン。


白いフリンジつきローズピンクの四葉のクローバー柄ミニカーテン

1,300円(内税)

コーラルピンクにローズピンクの四葉のクローバーが広がった、キュートなミニカーテン。白いフリンジがおしゃれです。


赤いひなぎくとチューリップ、ドットのミニカーテン

1,300円(内税)

赤いひなぎくとチューリップ、ちいさなドットがシンプルで美しいナイロン素材のミニカーテン。



オレンジのイチゴとリーフ、ボーダー模様のミニカーテン

1,300円(内税)

オレンジのイチゴと透きとおるようなグリーンのリーフ、ボーダー模様がすがすがしいミニカーテン。幅1Mカット。


サンザシの実とお花のミニカーテン

1,300円(内税)

明るい山吹色にサンザシの実とお花が華やかな、ミニカーテン。幅90僉


パステルブルーのヒマワリのミニカーテン

1,300円(内税)

鮮やかなブルーに、パステルブルーのヒマワリと透明感のあるフリルが愛らしいカーテン。幅約90cm。



黄色いバラのボーダー柄ミニカーテン

1,300円(内税)

パステルイエローのバラがらせん模様を描きながらボーダー柄になったミニカーテン。幅1.9M。


白いリンゴの縁どりのミニカーテン

1,400円(内税)

ナチュラルな生成りのカーテンの裾に、鮮やかな黄緑、白いリンゴのプリントが彩ります。


パステル色の丸いお花のミニカーテン

1,400円(内税)

透明感あふれるパステル色の丸いお花が、白に浮き立つミニカーテン。幅1.9M。



パンジーのリース柄ミニカーテン

1,500円(内税)

グレーに、手描きのような素朴なタッチでパンジーのリースがスカラップ状に描かれたミニカーテン。


フリルつきこげ茶のお花のリース柄ミニカーテン

1,500円(内税)

パステルブラウンの格子にこげ茶色のお花がリースとなって広がります。ナイロン製のフリルがロマンティックなミニカーテン。


チューリップ、お花、ハートのブロック型ミニカーテン

1,500円(内税)

グレーの格子柄にチューリップ、お花、ハートが愛らしいミニカーテン。



白いハートとマーガレット、Xの格子柄ミニカーテン

1,500円(内税)

白いハートとマーガレット、Xの格子柄がチョコレートブラウンに映えるミニカーテン。


パステルブルーとサクラのミニカーテン

1,500円(内税)

パステルブルーに、ピンクの輪郭のある白いサクラの花が春を匂わせるミニカーテン。


パステルグリーンの小花とレースのミニカーテン

1,500円(内税)

パステルグリーンの小花にコットンレースがやさしく寄り添う、ミニカーテン。幅約1.7M。



野ばらとリーフ、ギンガムチェックのミニカーテン

1,500円(内税)

山吹色のチェックと若草色のお花、茶色いリーフがレトロでポップなミニカーテン。


白とブラウンのガーベラのミニカーテン

1,500円(内税)

白とキャラメルブラウン、こげ茶のガーベラと格子、白いお花の刺繍レースが夏らしいミニカーテン。


グリーンのシダとランの花のミニカーテン

1,500円(内税)

グリーンのシダにランの花が輝くような生地に、ナイロンレースがキッチュなミニカーテン。


全 [61] 商品中 [1-21] 商品を表示しています 次のページへ

Your recent history

Members only page

ログイン

About the owner

谷崎 聖子

手芸研究家。

ルーマニア、トランシルヴァニア地方の フォークロアに惹かれて、 99年以降ずっと通いつづける。

トランシルヴァニアのセーケイ地方で結婚、 08年からこの地で生活をしています。

トランシルヴァニアのさまざまな民族の手芸を、 「ICIRI・PICIRIの小さな窓」で紹介しています。

トランシルヴァニアの生活、文化は、 「トランシルヴァニアへの扉」でご覧いただけます。

Blog