[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [36] 商品中 [1-21] 商品を表示しています 次のページへ

ロンドンバスの1978年製ファブリックカレンダー

2,800円(内税)

真っ赤な二階建てのロンドンバスをイメージした、1978年製のファブリックカレンダー。ホワイトリネン素材。


ハートとヒールシューズ、愛の言葉のホワイトリネン製タペストリー

2,500円(内税)

ピンクとスカイブルー、白いハートに愛の言葉が刻まれたホワイトリネン製タペストリー。スウェーデン製almedahls。


クロスステッチのサンプラー柄タペストリー

2,500円(内税)

まるでアンティークの刺繍の練習帳のような、クロスステッチの図案がプリントされたホワイトリネン素材タペストリー。



若草色のパッチワークのタペストリー

4,000円(内税)

若草色に黄色、白、茶色のさまざまなヴィンテージ布が四角つなぎになったパッチワークのタペストリー。


赤いバラのお花の1974年製ファブリックカレンダー

2,300円(内税)

パステルブルーに赤いバラの花からちいさなお花がはじけ出す、1974年製ファブリックカレンダー。


輪になってダンスを踊る男女と野の花のタペストリー

2,000円(内税)

カラフルな縞模様で輪になってダンスを踊る男女とスウェーデン語の詩が描かれた、伝統のタペストリー。



のどかな村のダンスパーティのタペストリー

1,800円(内税)

民族衣装をきてダンスを踊ったり、ヴァイオリンを弾いたり、ご馳走を運んだり。のどかな村のパーティーのタペストリー。


赤いお家と野の花、民俗衣装の男女のタペストリー

2,000円(内税)

赤いお家と野の花、民俗衣装の男女とスウェーデン語で詩が綴られたタペストリー。


ダンスをする子どもたちとチューリップの格子柄のタペストリー

1,800円(内税)

民俗衣装をきて輪になって踊る子どもたち、チューリップの模様が美しいタペストリー。



空色の椿のタペストリー

2,000円(内税)

深い藍色に、大きな空色の椿とグリーンのドットがシックでさわやかなタペストリー。


黄色とピンクのバラとボンネットをかぶった少女の1973年製ファブリックカレンダー

1,800円(内税)

黄色とピンクのバラと、ボンネットをかぶった少女がベビードールみたいな1973年製のファブリックカレンダー。


カラフルな動物たちとノアの方舟のカーテン

4,500円(内税)

カラフルな動物たちがノアの方舟に乗り込む、メルヘンチックなカーテン。



ロンドンの兵隊さんのタペストリー

1,600円(内税)
SOLD OUT

銃を手に直立したロンドンの兵隊さんの、細長いタペストリー。


マトリョーシカ人形の家族のタペストリー

2,000円(内税)

北欧の民族衣装をきた家族がマトリョーシカ人形みたいな、のどかな田園風景のタペストリー。


エストニアの街のタペストリー

1,500円(内税)

パルヌというエストニアの町を記念するタペストリー。



指をのばしたピエロのタペストリー

2,800円(内税)

指を伸ばして何かを測ろうとするピエロがユニークなタペストリー。M.Buhkerのロゴつき。


公園と子供たちのタペストリー

1,000円(内税)

ジュースを売りのおじさんや子供たちの、のどかな公園の風景がほほえましいタペストリー。難あり。


パステルオレンジとグリーンの菊のタペストリー

1,500円(内税)

パステルオレンジとグリーンの菊、スカラップ模様が愛らしいタペストリー。



収穫祭の1978年製ファブリックカレンダー

1,800円(内税)

麦の束とポピー、野菜に果物。収穫祭をイメージした、1978年製タオル地のファブリックカレンダー。


野菜とフルーツ、カモのタペストリー

1,800円(内税)

ローズピンクに、野菜や果物、クロッカスやカモの絵が楽しいタペストリー。


馬車と村人たち、スウェーデン語のタペストリー

2,000円(内税)

馬車と村人たち、「ようこそ」のスウェーデン語の文字がアンティーク調の味わいのタペストリー。


全 [36] 商品中 [1-21] 商品を表示しています 次のページへ

Your recent history

Members only page

ログイン

About the owner

谷崎 聖子

手芸研究家。

ルーマニア、トランシルヴァニア地方の フォークロアに惹かれて、 99年以降ずっと通いつづける。

トランシルヴァニアのセーケイ地方で結婚、 08年からこの地で生活をしています。

トランシルヴァニアのさまざまな民族の手芸を、 「ICIRI・PICIRIの小さな窓」で紹介しています。

トランシルヴァニアの生活、文化は、 「トランシルヴァニアへの扉」でご覧いただけます。

Blog