[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [77] 商品中 [1-21] 商品を表示しています 次のページへ

スミレとすずらん、シクラメンのピロカバー

2,500円(内税)

ブルーのスミレと白いすずらん、シクラメンに野菊、葉っぱにとまるてんとう虫・・・。初夏の花畑の香りただよう、ピロカバー。


ロココ調の貴族とリングと星の連続模様のピロカバー

2,300円(内税)

ロココ調の貴族のイラストが表に、リングと星の連続模様が裏に組み合わされたピロカバー。


マリンブルーのダリアの椅子カバー

2,300円(内税)

スカイブルーにマリンブルーのダリアの花とつぼみがポップでおしゃれな、椅子カバー。



ネイビーブルーの網目模様のピロカバー

2,000円(内税)

ネイビーブルーの網目模様のような柄がシンプルなピロカバー。昔ながらの糸ボタンつき。


ブルーのシャクヤクと唐草模様のピロカバー

2,600円(内税)

パステルブルーのシャクヤクと唐草模様がまるでヨーロッパの磁器のような、ピロカバー。


いちごとお花のクッションカバー

1,500円(内税)

ブルーに淡い赤のいちごと白いお花、グリーンと黄色のリーフがやさしい小さなクッションカバー。



ピンクと赤のラズベリー柄ピロカバー

2,000円(内税)

ピンクと赤のラズベリーが甘酸っぱく、さわやかに夏らしさをかきたてる大きなサイズのピロカバー。


アジサイとボーダー柄ピロカバー

2,000円(内税)

ベージュに、白とベージュ、ダークオレンジのアジサイの花とボーダーがカジュアルなピロカバー。


列車で旅をする動物たちのピロカバー

2,000円(内税)

おさるにくま、ライオン、ゾウたちが列車で旅をする、ちいさなピロカバー。



追いかけっこをする動物のクッションカバー

2,800円(内税)

ミモザイエローに、追いかけっこをする動物たちがノスタルジックな雰囲気のクッションカバー。


うば車を押すお母さん、おもちゃのクッションカバー

2,000円(内税)
SOLD OUT

ピエロとうば車を押すお母さん、動物たちが昭和レトロな雰囲気の、ちいさなクッションカバー。


初夏のお花畑のピロカバー

2,300円(内税)

鮮やかなブルーに、サーモンピンクのヒルガオやヨモギギク、マーガレットなど初夏のお花がいっぱいのピロカバー。



グリーンのお花とストライプ柄ピロカバー

2,300円(内税)

色も形もさまざまなグリーンのお花と、モスグリーンのストライプがポップなピロカバー。


オレンジにパステルピンク、白いお花のピロカバー

2,000円(内税)

オレンジや赤、山吹色にパステルピンクに白・・。 色とりどりの花が緑の大地をおおうピロカバー。


グリーンのギンガムチェックとお花の織りのピロカバー

2,300円(内税)

グリーンのギンガムチェックに茶色いお花の織りがナチュラルでさわやかな、大きなサイズのピロカバー。



白いお花と波模様のピロカバー

2,300円(内税)

朱赤に白いお花と波の模様がポップで華やかなピロカバー。


赤いさくらんぼとブルーのドット状ピロカバー

2,500円(内税)

赤いさくらんぼとブルーのドットがストライプ状にならんだ、大きめサイズのピロカバー。


パステルカラーのお花と黄色いハートの花のピロカバー

1,800円(内税)

美しい赤にパステルカラーのお花、黄色いハートの花がいきいきと映えるピロカバー。



ピンクのダリアとマーガレット、チューリップのクッションカバー

2,800円(内税)

ピンクのダリアと白いマーガレット、チューリップが万華鏡のようにデザインされた大きなサイズのクッションカバー。


紺色のチューリップとスカラップ、ピンクのチェック柄クッションカバー

1,800円(内税)

ちいさな紺色のチューリップとスカラップ、ピンクのギンガムチェックが愛らしいクッションカバー。


ショッキングピンクとオレンジのダリア柄ピロカバー

2,000円(内税)

ココア色にショッキングピンクとオレンジのダリアがお日さまみたいに華やかな、ピロカバー。


全 [77] 商品中 [1-21] 商品を表示しています 次のページへ

Your recent history

Members only page

ログイン

About the owner

谷崎 聖子

手芸研究家。

ルーマニア、トランシルヴァニア地方の フォークロアに惹かれて、 99年以降ずっと通いつづける。

トランシルヴァニアのセーケイ地方で結婚、 08年からこの地で生活をしています。

トランシルヴァニアのさまざまな民族の手芸を、 「ICIRI・PICIRIの小さな窓」で紹介しています。

トランシルヴァニアの生活、文化は、 「トランシルヴァニアへの扉」でご覧いただけます。

Blog