[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [54] 商品中 [1-21] 商品を表示しています 次のページへ

唐草模様とチューリップ、アジサイのエプロン

4,000円(内税)

唐草模様とチューリップ、アジサイが細やかなプリーツの中に浮かぶ、アンティーク感のあふれるエプロン。


中世の貴族と空色のボーダー柄エプロン

2,000円(内税)
SOLD OUT

空色のボーダーの中に、中世の貴族が乗馬をしたり、話をしたり、絵皿の中に描かれる、ユニークなエプロン。難あり。


白いアヤメとらせん模様の刺しゅうつきロングエプロン

3,500円(内税)

サマーグリーンの格子柄の織り生地に、白いアヤメとらせん模様の刺しゅうがほどこされたロングエプロン。



白い花と赤い小花柄エプロン

2,500円(内税)
SOLD OUT

白い花の形に沿って、赤い小花が茂る、アンティーク味のあるエプロン。


黄色いいちごと矢車草、紫の花のエプロン

2,500円(内税)

黄色いいちごと矢車草、紫の花がさわやかに花ひらき、ギャザーが豊かなエプロン。


パステルグリーンとブラウンの野ばらとアジサイのロングエプロン

2,600円(内税)

刺繍の図案のようなパステル色の植物模様とブルーのボーダー柄が繊細で美しい、ロングエプロン。



赤とグリーンのダイヤ型ストライプ柄エプロン

2,000円(内税)

白地に赤とグリーンのダイヤ型ストライプの織り模様がフォークロア調の子ども用エプロン。


赤いチェックと黒いクロスステッチ刺しゅうのロングエプロン

2,000円(内税)

朱赤のチェック柄に、黒いクロスステッチ刺しゅうがジグザグの裾にほどこされた、おしゃれなロングエプロン。


パステルグリーンとブラウンの野ばらとアジサイのロングエプロン

2,600円(内税)

パステルグリーンとパステルブラウンの野ばら、アジサイのようなお花がさわやかな、ロングエプロン。



赤いお花のクロスステッチ刺しゅうのエプロン

2,300円(内税)

赤いお花のおおらかなクロスステッチ刺しゅうが素朴でやさしい、エプロン。


小花と格子柄の三角ポケットつきエプロン

2,000円(内税)

山吹色に小花と格子柄の三角ポケットにリボンが愛らしい、エプロン。


パステル色のジャスミンの花柄ロングエプロン

2,300円(内税)

パステルブルーに色とりどりのパステル色のジャスミンの花がいっぱいにひらいた、ロングエプロン。



うす紫のマーガレットのストライプ柄ロングエプロン

2,000円(内税)

うす紫のマーガレットがストライプ柄に流れる、さわやかなロングエプロン。


赤と白、ブルーのストライプ柄織りのエプロン

4,000円(内税)

ラップ族の民族衣装のような、赤と白、ブルーのストライプ柄織りのエプロン。


オレンジのヒマワリ柄エプロン

2,000円(内税)

チョコレートブラウンに、まるで一筆描きのようなオレンジ色のヒマワリがなじむエプロン。



ワインレッドと白いお花柄エプロン

2,300円(内税)

ワインレッドに白いお花と裾のフレアがさわやかに広がる、エプロン。


ピンクのチューリップと万華鏡のお花柄ロングエプロン

2,800円(内税)

丸い襟元に白黒のコードが美しい、ピンクのチューリップと万華鏡のようなお花柄ロングエプロン。


カーキ色のお花とピンクのドット柄エプロン

2,500円(内税)

深い藍色に、カーキ色のお花やピンクのドットなどの抽象柄がアートを感じさせるエプロン。



青いバラのエプロン

2,000円(内税)

ノスタルジックなオレンジに、青いバラ柄のポケットが鮮やかに映えるエプロン。


コックさんとウェイターさんのロングエプロン

2,300円(内税)

コックさんとウェイターさんがお料理を運ぶ、ユニークなデザインのロングエプロン。


赤と紺、ロイヤルブルー、紺のドットのパッチワーク柄ロングエプロン

2,800円(内税)

赤と紺のお花柄、ロイヤルブルー、紺のドット柄をパッチワークしたようなロングエプロン。


全 [54] 商品中 [1-21] 商品を表示しています 次のページへ

Your recent history

Members only page

ログイン

About the owner

谷崎 聖子

手芸研究家。

ルーマニア、トランシルヴァニア地方の フォークロアに惹かれて、 99年以降ずっと通いつづける。

トランシルヴァニアのセーケイ地方で結婚、 08年からこの地で生活をしています。

トランシルヴァニアのさまざまな民族の手芸を、 「ICIRI・PICIRIの小さな窓」で紹介しています。

トランシルヴァニアの生活、文化は、 「トランシルヴァニアへの扉」でご覧いただけます。

Blog